季節の整え方

春の土用2022 ~期間・過ごし方・NG行動(間日もあり)・食べ物・体の整え方~

【季節の養生】春の土用2022 ~期間・過ごし方・NG行動(間日もあり)・食べ物・体の整え方~

土用の日って、実は年に4回あるって知っていましたか?
土用の丑の日と聞くと、「夏に鰻を食べる日」と解釈している方も多いのではないでしょうか。

土用

  • 冬~春の間(立春の前の18日間)2022年1月17日~2月3日
  • 春~夏の間(立夏の前の18日間)2022年4月17日~5月4日
    今回はここ
  • 夏~秋の間(立秋の前の18日間)2022年7月19日~8月6日
  • 秋~冬の間(立冬の前の18日間)2022年10月20日~11月6日

※土用の期間は年によって異なる。

土用期間は、俗に言う「季節の変わり目」でもあります。
体調を崩しやすい時期でもあるので、今の時期の土用期間の過ごし方や食事方法を知って、整えていきましょう。

目次

1.春の土用の過ごし方
2.春の土用の食事について
3.土用のNG行動
4.まとめ



1.春の土用の過ごし方

土用とは、古代中国から伝わった自然哲学の「陰陽五行思想」に基づいています。
自然界は木・火・土・金・水の5つの要素から成り立っていて、「春は木」「夏は火」「4つの季節の変わり目が土」「秋は金」「冬は水」の気と考えられました。

この中で季節の変わり目となる「土」が、特に心身ともにバランスを崩しやすい時で、特にウナギを食べる「夏の土用」が知られています。

やる気がなくなる時期

この時期は何かと思い悩むことも多く、5月病の症状も出やすくなります。
これは、体の中に湿気が多く溜まっていることやモヤモヤをため込み過ぎることで起きます。

以下のような改善策があります。

  • 潤性(体内の水分の蓄積が促進される)の食べ物はなるべく避ける
    (りんご・はちみつ・乳製品・大根・山芋など)
  • 肉よりも魚を食す
  • 水分補給はほどほどに
  • おもいっきり大きな声を出す。カラオケなどで歌う
  • 胸を開く動きを取り入れる

胸を開くには、以下のヨガのポーズがおすすめです。

おすすめポーズ

また、湿気がたまっているなと感じた方は「雨や低気圧で起こる気象病・天気痛の改善について書いた記事」も参考にしてください。

※動画で一緒に体を動かしたいかたは「気象病対策ヨガ」を参考にしてください。

胃腸に注意

土用の時期は脾経と胃経が弱まるとされています。
脾臓は陰陽の関係である胃の作用をサポートします。
胃も同じで、弱ると陰陽の関係にある脾臓も弱くなってしまいます。

どちらも体の中心である消化機能に関わるのでここが弱ると
・消化不良
・胃の痛み
・食欲不振
・全身の倦怠感
・口腔トラブル
・むくみや便秘症状
などに関わってきます。

思い悩むことが多くなるのも土用の特徴です。
食事はもちろんのこと、ストレスを溜め過ぎない、日々のケアをするなど心がけましょう

※胃の不調が気になる人は「胃の不調改善の食事法や運動をまとめた記事」をご覧ください。

※心のケアをするには当ホームページの「心のモヤモヤを取り払う心の科学の記事」がおすすめです!
この時期におすすめの記事はコチラ!
漠然とした不安に襲われたときに読む話
自分に自信を持ちたいなと思ったときに読む話
頑張り過ぎて疲れたあなたへ

汗の出る体つくりをしよう

夏に向けてこの時期から、汗を出す体作りをはじめていきましょう
冷え性などで汗が出にくい体質になると、この先腎臓に負担がかかってしまう可能性があります。
体を大きく動かし、筋肉をつけていくように普段から運動をする習慣を取り入れましょう。



2.春の土用の食事について

春の土用には戌の日に「い」のつくものや「白いもの」を食べると良いとされています。

  • いわし
  • いか
  • いちご
  • インゲン豆
  • しらす
  • かぶ

【季節の養生】春の土用2022 ~期間・過ごし方・NG行動(間日もあり)・食べ物・体の整え方~

など

冷たい氷の入った飲み物や糖分の多い甘い炭酸飲料などは、アレルギー体質を悪化させるだけでなく、イライラや急性糖尿病の原因にもなるので、冷たいものの取り過ぎは注意していきましょう!



3.土用のNG行動

土に関することを避ける

2022年春の土用の間日【4/22日・23日・26日・5/4日】

いつもいろんなところに出かけている土神様が、土用の時期には土の中でゆっくりしていると考えられています。
そんな土用の時に【土いじり・草むしり・土木工事・地鎮祭】などをすると、土神様が怒るとされているのです。

なので、今でも土建業では、土用を避けるところもあるそうです。
土いじりができないと仕事や生活に支障が出てくることもあります。
そんな時には土神様が土の中から出ているとされる間日に土いじりをすると良いとされています。

新しいことをしない

季節の変わり目の土用期間は、体や心の負担もかかりやすい時です。
自然と季節が移り変わっていくように、ほっておいてもいろんな事が変わっていきます。

そんな土用期間には自ら新しく行動を起こしたりせずに、自然に身を任せるのがスムーズに過ごせるポイントです。
【転職や就職・結婚・開業や開店・新居の購入】などは避ける方が良いとされています。

旅行や引っ越しはNG

土用の期間は、どの方角も良くないとされており、引っ越しや旅行を避けるべきと考えられています。
どの場所に住もうか。どの物件にしようか。どこに行こうか。などじっくりと考えたり見直したりする期間にすると良いでしょう。

それでも引っ越しをしなければならない!旅行に行きたい!という方は、春の土用は「南東」方向は特に注意しておくと良いでしょう。



4.まとめ

春の土用は精神的に負担がかかりやすい時期です。
新生活の疲れも出てくる頃なので、あまり頑張り過ぎず自分を大切にしてあげましょう。

ここが過ぎると暑い夏がやってきます。
暑い夏に体がバテないように、少しずつ体つくりをしていきましょう!

Sumie☽.*·̩͙✩.*

-季節の整え方
-, , ,