星座別の特徴

【12星座の神話一覧】イラスト付きで面白い&わかりやすい&簡単に解説

ウェビナー開催します!

【星読みウェビナー】チャンスを逃がすな!
木星双子座の幸運の掴み方

開催は3日間!
6月2日(日)、6日(木)、8日(土)

ウェビナーチケットを購入いただくと、どの日でも参加いただけます。(複数回OK)

詳細は、ウェビナーの詳細ページをご覧ください!

詳細はコチラ

【12星座の神話一覧】イラスト付きで面白い&わかりやすい&簡単に解説

テレビや雑誌の星占いで知られている12星座

それぞれの星座は、ギリシャ神話が元になっています。

しかし、登場人物も多いギリシャ神話、「難しくてよくわからない・・・」という方も多いのではないでしょうか。

Sumie

私は、このWebサイトやSNSで主な天体の動きの影響を4年以上発信するなど、西洋占星術に関する情報を発信しており、他にも以下のような経験があります。

こんな経験を応用して、この記事では、12星座の神話を、イラスト付きで簡単にわかりやすくお伝えしていきます。

神話を知ると、12星座の特徴がより分かりやすくなるかもしれません!


本題に入る前にお知らせです。

現在、LINE公式アカウントに登録していただくと、

西洋占星術を学ぶ近道がわかる無料講座
「プレ・クラゲでもわかる星読み講座」
をプレゼント中!

このLINEでは、星の動きの最新情報やお知らせなどを配信しています。

不要になったらブロックすればOKですので、
今だけの情報を見逃す前に登録してみてください!

\登録者プレゼントあり/

友だち追加

星の動きの最新情報が届く!

(パソコンの方はクリックしていただくとQRコードが表示されます。)


1.12星座とは地球から見て黄道上に存在する星座のこと

テレビや雑誌などの占いでお馴染みの12星座、みなさんの誕生日によって星座が決まるのはお馴染みですね。

そもそも12星座とは、黄道(地球から見た太陽の見かけ上の通り道)に存在する星座が12個あるよ、ということです。

でも現在、この黄道上に星座は13個あるようです。
もう一つの星座、その名は「へびつかい座」

そこそこ有名なので、聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

地球は動いている

では、なぜ「へびつかい座」だけが仲間外れになってしまったでしょうか…

12星座の成り立ちと言われているギリシャ神話が、まだ神話じゃなかった数千年前、黄道上には12個しか星座しか存在しなかったとのことです。
これは、地軸(地球の自転軸)が常にズレ続けていることが原因のようです。

ほんの数度ですが、地球規模で言ったら非常に大きなズレのため、周期的に「へびつかい座」が出たり入ったりしてるんでしょうね。
準レギュラーといったところでしょうか(笑)

※地軸は地球の公転軸に対して約23.4度傾いていますが、約4.1万年周期で約21.5度から24.5度の間を定期的に変動していると言われています。ちなみに、地震や気候変動(北極の氷が解けて水の配分が変わったとか)でも変わるようです。

12星座とギリシャ神話

先ほど、12星座の成り立ちがギリシャ神話と書きましたが、古代ギリシャより語り継がれている昔話がギリシャ神話です。

その登場人物は、神々の王ゼウスを始めとした神々や人々、動物たちと、いろんな方々が出てきます。
しかも、そして内容は、神々の王ゼウスの不倫や誘拐事件、双子の兄弟の愛とコチラも様々です(笑)

「〇〇座 神話」と調べても、出てくるのは難しいストーリーばかりですので、今ご覧のこのサイトでは「Sumieの手書きイラスト付きで、簡単に」解説しています。
なので、厳密に言うと少し違う…という箇所もあるかもしれませんが、ご了承頂き、お楽しみいただければと思います。

【参考】実際の12星座と、ホロスコープ上の12星座は違う

西洋占星術を学んでいる方は、実際に空を見た時の12星座の配置と、ホロスコープ上の12星座の配置は違うということを覚えておきましょう。

具体的には「春分点を牡羊座0度」と定義し、そこから等間隔に30度ずつ、12星座の各星座を順番に並べたものになります。

西洋占星術を学んでみたい!ホロスコープを読んでみたい!という方は、覚えておくと良いでしょう。

※春分点:黄道と赤道の2つの交点のうち、黄道が赤道を南から北に交わる点

詳しく勉強した方は、私が製作した「クラゲでもわかる星読み講座」の「12星座を学ぶ編」をご覧いただくか、「西洋占星術における12星座について書いた記事」をご覧ください。


講座バナー

2.【12星座の神話一覧】イラスト付きで面白い&わかりやすい&簡単に解説

ここからは、12星座それぞれの神話を解説していきます。

長くなってしまうので、それぞれの神話について書いた記事へのリンクを張っておきます。詳しくは個別の記事をご覧ください。

※各星座の神話は、みなさんに少しでも親しみを持ってもらうため、Sumie的表現で、わかりやすく書いています。細かく見ると正確でない表現もあるかと思いますが、ご了承ください。

♈牡羊座🐑

黄金の毛皮を持つ羊だった牡羊座の羊、どうやら複雑なお家事情が絡んで星座になってしまった様子です。

複雑な事情によって企てられた暗殺計画の標的となった兄妹を救うべく送り込まれた黄金の牡羊!
兄妹を救うことはできたのか!?なぜ星座になってしまったのか?

詳しくは「牡羊座♈の神話について書いた記事」をご覧ください。

牡羊座の神話について書いた記事

続きを見る

牡羊座さんが「行動力があり」「スピード重視で」「考えるよりも先に体が動いてしまう」のは、この神話でも読み取れます。
双子の兄妹を助けた牡羊のように、勇敢で勇ましいイメージがピッタリですね。

これだ!と思ったら、ブレーキが聞かなくて前に進んでしまうのもなんだか納得です。
短期決戦型でチャレンジ精神を持つ牡羊座さんならではの神話ですね。

もくじに戻る


♉牡牛座🐮

神々の王、ゼウスの女好きが発覚しました(笑)

美しいお姫様をさらった犯人の正体とは??
牡牛座の牛って、まさか・・・それなの?笑

気になる方は、牡牛座♉の神話について書いた記事をご覧ください。
※牡牛座さんの神話は、二つ言い伝えられていますので、Part 1とPart 2で分けてお伝えしていきます。

牡牛座♉の神話(Part1)について書いた記事」をご覧ください。

牡牛座の神話について書いた記事Part1

続きを見る

牡牛座♉の神話(Part2)について書いた記事」をご覧ください。

牡牛座の神話について書いた記事Part2

続きを見る

牡牛座さんが目上の人に可愛がられやすかったり、世話を焼かれる傾向があるのは、二つの神話からも見て取れる気がします。

また、おっとりマイペースな牡牛座さんですが、決して草食系ではなく、性的欲求も強く、情熱的な部分を併せ持つということも神話からも読み取れるのではないでしょうか。

もくじに戻る


♊双子座👩‍❤️‍👩

片方は神、片方は人間という双子が主役の切ない物語とは・・・

従弟の双子どうしの争いから生まれた悲劇とは?
生まれた時の一緒、死ぬときも一緒、双子の愛情が星座になったようです。

詳しくは「双子座♊の神話について書いた記事」をご覧ください。

【イラスト付きで簡単に!】双子座の神話 ~涙なしでは語れない!?双子の兄弟の愛の物語~
双子座の神話について書いた記事

続きを見る

双子座さんは、この二人の兄弟のように、向学心に溢れ、好奇心強く、何に対しても臨機応変に対応してこなしていくという性質があります。

人間と神の二つの力があるから、双子座さんはなんでも器用にこなせるのかもしれません。

もくじに戻る


♋蟹座🦀

9つの頭を持つ蛇、ヒュドラ退治の加勢に駆り出された蟹のカルキノス…
その小さい体を待ち受けている衝撃の結末とは??

え、あなたが星座になるの?と思ってしまう神話です(笑)

詳しくは「蟹座♋の神話について書いた記事」をご覧ください。

【イラスト付きで簡単に!】蟹座の神話 ~踏みつぶされた!?ちょっと切ない蟹の物語~
蟹座の神話について書いた記事

続きを見る

蟹座さんは、一見おっとりしているように感じますが、活動宮で行動派の一面があります。
固い甲羅と大きなハサミを持つ蟹さんですが、意外に臆病で、繊細なところがあります。

とても仲間思いで、母親的な存在!その優しさはとっても素敵なところですね♡
その優しさで星座になったのかもしれませんね。

もくじに戻る


♌獅子座🦁

いつ頃からか住み着くようになった、不死身の人食いライオン・・・

人食いライオンを倒すために送り込まれた、神々の王ゼウスの息子「ヘラクレス」の三日三晩続く攻防戦!!
武器を全て失ったヘラクレスが取った手段とは!?

詳しくは「獅子座♌の神話について書いた記事」をご覧ください。

【イラスト付きで簡単に!】獅子座の神話 ~三日三晩の攻防戦!獅子座は人食いライオンだった!?~
獅子座の神話について書いた記事

続きを見る

明るく、勇気があり、野性的!不屈の精神で堂々とした自信と権威はこの人食いライオンから来ているのかもしれませんね。

部下や後輩に優しい面を見せるのは、さすが百獣の王である獅子の誇り高きプライドとカリスマ性のなせる業ではないかと思います。

もくじに戻る


♍乙女座💕

ゼウスの兄に連れ去られた、ゼウスの娘の運命とは・・・

ゼウスの妻「デーメテール」は悲しみに暮れ、女神の役割を放棄し、草木は枯れ、作物は採れなくなってしまいました。
ゼウスの娘は帰ってくることが出来るのか?地上の草木・作物はどうなる?

詳しくは「乙女座の神話について書いた記事」をご覧ください。

【イラスト付きで簡単に!】乙女座の神話 ~乙女座が四季を作った!?母と娘の物語~
【イラスト付きで簡単に!】乙女座の神話 ~乙女座が四季を作った!?母と娘の物語~

続きを見る

乙女座さんは、真面目で気配り上手、物事をきっちりと丁寧に行うので信頼性が高い星座No.1です!
「人のために役に立つ」ことを使命としているところは、豊穣の女神デーメテールとおなじかもしれませんね。

自然環境や動植物を守るために動く人も多く、さすが豊穣の女神デーメテールの乙女座さんですね!

もくじに戻る


♎天秤座⚖

世界が黄金時代の頃、神々は下界の人間の中に混じって生活をしていました。
いずれ、人間の数も増え、人間たちは貧富の差、強者と弱者の差が段々と大きくなり、争うようになりました。

人間に最後まで寄り添った「正義の女神」の切実な願いとは??
結局、人間が一番醜いのかもしれませんね・・・

詳しくは「天秤座♎の神話について書いた記事」をご覧ください。

【イラスト付きで簡単に!】天秤座の神話 ~人間に最後まで寄り添った女神~
天秤座の神話について書いた記事

続きを見る

天秤座さんは、愛と平和、そしてバランスと調和を重んじる星座さんです。
積極的に人の輪を広げていくところは、女神アストレアの純粋でまっすぐな行動力から来ているのかもしれませんね!

天秤座さんは、見た目の美しさを重視すると言われている美の星座さんです。
正義の女神アストレアも超絶美人さんだったのかな・・・

もくじに戻る


♏さそり座🦂

巨人族で海の神である、オリオンという巨大な体格とたぐいまれな美しさを持つ男がいました。
その高慢な態度は、神々の元まで届き、神々はオリオンの態度に怒りを表しました。

怪力無双の巨人オリオンを懲らしめるために送り込まれた大サソリの活躍とは?
夏の星座になった「さそり座」と、冬の星座になった「オリオン座」の理由がここに!

詳しくは「さそり座♏の神話について書いた記事」をご覧ください。

【イラスト付きで簡単に!】さそり座の神話 ~巨人の美男子を一撃!大サソリの功績~
さそり座の神話について書いた記事

続きを見る

オリオンを仕留めた大サソリもオリオンの様子を伺い、忍び寄って一撃でオリオンを始末してしまうのですが、この大サソリのように、蠍座の人は洞察力や忍耐力に優れています。

感情は表に出さず、「不言実行」が特徴で、何も言わず必ず実行する!そんな姿は、神話からも読み取れますね。

警戒心が強く、執着心が強い蠍座の性格は、この大サソリから来ているかもしれませんね。

もくじに戻る


♐射手座🏹

上半身が人間、下半身は馬、文武両道で正義感も強いケイローンという不死身の勇者がいました。
ギリシャ神話に出てくる大半の勇者は、ケイローンの弟子となり、武芸を伝授されているのです。

そんな完璧な勇者を襲った悲劇と、その悲しい結末とは!?

詳しくは「射手座♐の神話について書いた記事」をご覧ください。

【イラスト付きで簡単に!】射手座の神話 ~文武両道!素晴らしき学者への哀悼~
射手座の神話について書いた記事

続きを見る

みんなに愛されていたケイローンのように、射手座の人は楽天的でおおらかです。
また、文武両道で、好奇心や向学心、冒険心に溢れ、とても努力家さんです。

学者であったケイローンのように、人の教育にも向いており、学者や教授、哲学、宗教学、法律関係、外交官や弁護士、公務員など多岐にわたって活躍できるのも特徴でしょう。

なんだかいいところ尽くしの射手座さんが羨ましいですね(笑)

もくじに戻る


♑山羊座🐐

頭には山羊の角と尖った耳、下半身は山羊で蹄のある姿をしている山羊男・・・
笛を持ち歩いて、陽気でムードメーカーを襲ったハプニングとは?

星座になった理由は、笑いものとして吊し上げ??
そのかわいそうな理由が気になる方は「山羊座♑の神話について書いた記事」をご覧ください。

山羊座神話1
【イラスト付きで簡単!】山羊座♑の神話 ~本当は明るくて陽気♪笑われ者の山羊男~

続きを見る

なんだかパーンがかわいそうな気がする話ですが、山羊座さんは、音楽好きで明るいパーンのように、元々は陽気な性格でユーモラスさを持っています。

しかし、神話の様に失敗を成り立ちとするためか慎重派で、常に自分を律し、真面目であろうとするところがあります。

この石橋を叩きながら渡る性格は神々やゼウスのせいだったのですね・・・

もくじに戻る


♒水瓶座🏺

ゼウスに連れ去られた、美しい黄金に輝くガニュメデスという少年・・・
果てしなく続く神々の宴会の給仕役を勤める代わりに、少年はゼウスから不老不死と、さらなる美しさを与えられたのでした。

そんな少年と水瓶の関係とは?
そして、星座になった「え・・・?」という理由とは?

詳しくは「水瓶座♒の神話について書いた記事」をご覧ください。

水瓶座神話1
【イラスト付きで簡単!】水瓶座♒の神話 ~神も愛する絶世の美少年誘拐事件!?~

続きを見る

水瓶座さんは、神話のガニュメデスのように、男女関わらず中性的なタイプが多いと言われています。
ジェンダーや年齢や権威などを取っ払って平等な世界というのを大きな特徴です。

多くの人々と交流をし、自分の世界を広げようとするところは、神々の中に入り、お酒を注いで回ったガニュメデスの姿から来ているのかもしれませんね。

もくじに戻る


♓魚座🐟

別名「ヴィーナス」、「キューピッド」と呼ばれる恋のキューピッド親子!

ギリシャ神話の中でも恐れられている怪物のテュフォンから逃げ出した親子はどうなった?

2人の親子愛が星座になった美しい物語が気になる方は「魚座♓の神話について書いた記事」をご覧ください。

魚座神話1
【イラスト付きで簡単!】魚座♓の神話 ~離れないように結んだ親子愛~

続きを見る

愛と美を司る二柱の神をシンボルに持つ魚座さんは、とても優しく愛に溢れた性質を持っています。

とても献身的で、相手に感化されやすく、強く言われると反論できないところは、息子のエロースの特徴を表し、時に気まぐれで愛や神秘、芸術を愛する特徴は、母のアフロディーテから来ているかもしれませんね♡

もくじに戻る


最後にお知らせです。

西洋占星術の基礎からホロスコープの読み方まで学べる「クラゲでもわかる星読み講座」では、12星座を神話から解説しています。

とてもわかりやすく、12星座だけでなく、西洋占星術の基礎からホロスコープの読み方まで学ぶことができます

通勤しながら、家事をしながら、スマホ1台で見放題の動画講座です。受講者限定の質問会や勉強会で購入後のサポートもあります!

詳しくは講座の詳細ページをご覧ください。

クラゲでもわかる星読み講座(文字4)

\全カリキュラムのセット割引あり/

詳細はコチラ

アフターフォローも手厚く、初心者でも安心!

※クラゲでもわかる星読み講座は、本Webサイトを運営している「Smjuk」が製作・運営・販売しており、この記事の筆者「Sumie」が講師です。



この記事は、Smjukのミッションステートメントメディアポリシーを基に、以下の担当で作成しております。

-星座別の特徴
-,