星座別の特徴・適正

【イラスト付きで簡単!】牡牛座♉の神話 ~神と美女と牛の物語!?Part 2~

牡牛座1

あなたは、12星座はギリシャ神話が元になっていると知っていましたか?
神話を知ると、12星座の特徴がより分かりやすくなるかもしれません!

登場人物も多いギリシャ神話、難しくてよくわからない・・・という方も多いのではないでしょうか。
ここでは、初めて見る方でも簡単にわかるように、私の手書きイラスト付きでお伝えしていきます。

今回は牡牛座♉さんです!題して、
神と美女と牛の物語!? Part 2
※牡牛座さんの神話は、二つ言い伝えられていますので、Part 1とPart 2で分けてお伝えしていきます。

※みなさんに少しでも親しみを持ってもらうため、Sumie的表現で、わかりやすく書いています。細かく見ると正確でない表現もあるかと思いますが、ご了承ください。


ショップバナー1

登場人物紹介

さて、ストーリーに入る前に、登場人物を紹介しておきましょう。

牡牛座2-2

登場人物

  • ゼウス
    神々の王(女好きw)
  • ヘーラ
    ゼウスの妻
  • イオ
    美しい娘
  • アルゴス
    百の目を持つ怪物

第一章「浮気現場発覚!?」

牡牛座2-3

レルネの川岸で、河の神イーナコスの娘であるイオという美しい娘がいました。

ゼウスはイオの美しさに惚れ、地上に降り黒い雲の中で、イオと逢瀬を交わしていました。

天上から地上を見ていた妻のヘーラは、ゼウスが天上にいないこと、地上に黒い雲が発生していることを目ざとく発見し、地上へと降りてきました。

妻が降りてきたと慌てたゼウス💦
浮気現場を隠すため、ある作戦をとったのです。


第二章「牛の姿に変えられた美女」

牡牛座2-4

妻に浮気現場を押さえられそうになったゼウス!!
その事実を隠すために、ゼウスはイオを白い牛の姿に変えて誤魔化すことにしたのです。

女性と戯れていたわけではない。牛と戯れていたのだと言い訳しました。

しかし、疑いの目を持っている妻ヘーラは白い牛が怪しいと勘ぐり、その白い牛をゼウスから譲り受けることにしたのです。

ゼウスは断ることもできず、白い牛に姿を変えられたイオはヘーラに連れていかれました。


第三章「執念深い妻の復讐」

牡牛座2-5

白い牛が怪しいと睨んでいる妻ヘーラは、白い牛を全身に百の目を持つ怪物アルゴスに監視させることにしたのです。

アルゴスの目は交互に眠りにつくので、監視役にはピッタリでした。

昼夜問わず苦しめられているイオを助けるために、ゼウスは使いであるヘルメスに、アルゴスを羊飼いの笛を使って眠らせ殺させ、イオを解放することに成功しました。

しかし、執念深い妻のヘーラは、今度はアブを使って、イオを追いかけ回させました。
イオは世界中を逃げ回り、ついにエジプトまで逃げてきました。
そこでゼウスに美しい娘の姿に戻してもらったのです。

イオはその後、ゼウスの子を産むのですが、そこでも妻ヘーラの嫉妬ですったもんだがあり、酷い目に遭いました。
その時の不憫な白い牛の姿が星座になったと言われています。

その後のイオはどうなったかというと、ゼウスが妻のヘーラにもうイオと関係はもたないから許してくれと懇願し、解放されました。
そして、エジプト王と結婚して、幸せに暮らしました。


ショップバナー2

あとがき

牡牛座さんの神話はPart 1もPart 2も、ゼウスの女好きが発端となっています。
どちらも美女が関わっていることと白い牛に姿を変える部分は同じですね。
それにしてもゼウスって男は…という感じですが💦

牡牛座さんが目上の人に可愛がられやすかったり、世話を焼かれる傾向があるのは、二つの神話からも見て取れる気がします。
それにしても、ギリシャ神話はハチャメチャ物語ですね(笑)

Sumie☽.*·̩͙✩.*



イラスト作成:Sumie

-星座別の特徴・適正
-, ,