星座別の特徴・適正

【イラスト付きで簡単!】牡牛座♉の神話 ~神と美女と牛の物語!?Part 1~

牡牛座1

あなたは、12星座はギリシャ神話が元になっていると知っていましたか?
神話を知ると、12星座の特徴がより分かりやすくなるかもしれません!

登場人物も多いギリシャ神話、難しくてよくわからない・・・という方も多いのではないでしょうか。
ここでは、初めて見る方でも簡単にわかるように、私の手書きイラスト付きでお伝えしていきます。

今回は牡牛座♉さんです!題して、
神と美女と牛の物語!? Part 1
※牡牛座さんの神話は、二つ言い伝えられていますので、Part 1とPart 2で分けてお伝えしていきます。

※みなさんに少しでも親しみを持ってもらうため、Sumie的表現で、わかりやすく書いています。細かく見ると正確でない表現もあるかと思いますが、ご了承ください。


ショップバナー1

登場人物紹介

さて、ストーリーに入る前に、登場人物を紹介しておきましょう。

牡牛座1-2

登場人物

  • ゼウス
    神々の王(女好きw)
  • エウロペ
    美しい姫
  • 雪のように白い牛
    ???(ネタばれなのでw)

第一章「牛にさらわれる美女」

牡牛座1-3

フェニキア王・アゲノールの娘で、エウロペという絶世の美女がいました。
その美しさは、天上の神々にまで伝わっていました。

そのエウロペが海辺の牧場で、草摘みをしている時、どこからともなく「雪のように白い牛」が現れ、エウロペのそばでうずくまりました。

とてもおとなしそうな牛だったので、エウロペは牛の背中に乗ってみることにしました。

エウロペが牛の背中に乗った途端…


第二章「美女好きゼウスの作戦」

牡牛座1-4

牛はあっという間に走り出し、海の上を地面のようにかけていきました。
エウロペは、ただただ震えるしかありませんでした。

山を越え、地中海を渡りクレタ島についた白い牛はようやくここで、エウロペを背中から下ろしました。

我に返ったエウロペが事情を聞くと、白い牛は自分が“ゼウス”であると正体を明かしたのです。

彼女の評判を他の神々と同じく聞きつけていたゼウスは、エウロペの美貌の虜になり、どうしても嫁に欲しいと、白い牛になって、エウロペをさらったのでした。


第三章「広い心の美女あの地名になる」

牡牛座1-5

エウロペは故郷から遠くの地に来てしまい悲しんでいました。

ゼウスは、そんなエウロペに愛をささやき慰め、エウロペを守るための「青銅の巨人タロス」「必ず獲物をしとめる猟犬」「投げれば必ず当たる槍」をプレゼントしました。

エウロペはこの地で三人の子どもを育て、子どもたちはそれぞれ王になりました。

この逃避行の地をエウロペの名前にちなんで「ヨーロッパ大陸」と呼ばれるようになったと言われています。

これは、ゼウスがエウロペを口説くときに、大陸にエウロペの名前を入れると約束したからという言い伝えもあります。

そして、ゼウスが姿を変えた、白い牛は冬の夜空へとあげられ、牡牛座になりました。


ショップバナー2

あとがき

ゼウスの奇行が際立つ神話ですね(笑)

牡牛座さんは金星を支配星に持ち、美しさや芸術を司っています。
おっとりとして優しい部分はこのエウロペから来ているのかもしれませんね。

牡牛座さんは、神話の中でゼウスを拒絶せずに受け入れたエウロペのように、意外に腹の据わった一面もあるかもしれません。

頑固さは何が何でも彼女を手に入れたいと一途に思ったゼウスの面が働いているのかもしれませんね(笑)

おっとりマイペースな牡牛座さんですが、決して草食系ではなく、性的欲求も強く、情熱的な部分を併せ持つということも神話からも読み取れるのではないでしょうか。

Sumie☽.*·̩͙✩.*



イラスト作成:Sumie

-星座別の特徴・適正
-, ,