星読みを学ぶ

【西洋占星術】ホロスコープにおける逆行とは ~天体の逆行の意味を解説~【ネイタルに逆行が多い人も気にしなくてOK】

【西洋占星術における逆行とは?】天体の逆行の意味を解説&個人のホロスコープにも影響あり!【逆行が多くても気にしなくてOK】

水星☿逆行など、天体の逆行の話をよく耳にするようになった人も多くなってきたのではないかと思います。

でも、逆行ってそもそも何?逆行したらどうなるの?どんな影響があるの?ホロスコープに逆行が多いんだけど大丈夫?
こんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

※逆行は、逆行する時の星座も関係してきます。個人への影響は出生図との絡みもあるので、必ず全ての人が影響を受けるわけではありません。


ホロスコープを読めるようになることで、あなたやあなたの周りの方の性格や才能を知って、良好な人間関係を築くきっかけにしてみませんか?

そんなあなたのために、西洋占星術の動画講座クラゲでもわかる星読み講座」を製作しました。

このHP限定無料情報もありますので、気になる方は講座の詳細ページをご覧ください。

\このHP限定、無料モニター募集中/

講座の詳細はコチラ

好きな時間、好きな場所で
わかりやすい動画が見放題!

1.天体の逆行とは、逆に動いているように見えること

天体の逆行とは「水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星」の各天体が、地球から見て進行方向が変わって見えることです。

これらの各天体は、通常、地球から見て東から西に動いています。
しかし、各天体の公転周期の違いによって、西から東に動いているように見えます。

実際に逆方向に動いているわけではありません。

太陽と月は逆行しない

感覚的にもわかると思いますが、太陽と月には逆行がありません

そもそも、ホロスコープとは地球を中心として各天体の動きを見ています。
地球は太陽の周りを公転していますし、水星などの惑星も太陽の周りを公転しています。

つまり、お互いに太陽の周りを公転しているため、この公転周期の違いによって、地球から見て逆方向に動いているように見えるわけです。

しかし、「地球と太陽」、「地球と月」の関係に注目すると、お互いに公転しているわけではありません。

  • 地球は、太陽の周りを公転している「太陽の惑星」
    ⇒ 地球から見ると、太陽は止まっている
  • 月は、地球の周りを公転している「地球の衛星」
    ⇒ 月から見ると、地球は止まっている

※惑星は太陽を公転している天体、衛星は惑星を公転している天体です。

このため、太陽と月は地球から見て逆方向(西から東)に動くことは無く、逆行はありません。


2.ネイタルチャートに逆行が多くても気にしなくてOK

自分のホロスコープ(出生図)に逆行が多いと気になる方も多いと思います。

ネイタルチャート(生まれた時のホロスコープ)に逆行している天体を持っている人は、その天体の影響が素直に出にくい、天体の力を上手に発揮できない傾向にあると言われています。
自分を素直に出せない、クール、大人っぽい、と言われることも多いかもしれません。

しかし、順行ばかりだと、素直さが前面に出過ぎて、ちょっと子供っぽさが出るとも言われています。

その天体の逆行期間中は、天体の力を発揮しやすいですし、自分のホロスコープに逆行が多くても気にする必要はありません。

自分の持つ星を理解して、上手に使っていきましょう。

例えば、水星☿逆行生まれさんだと、言葉がうまく伝えられな。うまく考えがまとまらない。などの影響があったりします。

しかし、これも何度も失敗を繰り返しているうちに、成長していきます。
出生図に逆行天体が多い人は、人生のうちで反省や振り返りも多くなると言われています。

反省することで、成長に繋がりますが、そこで停滞しない。悩みに執着しないことがポイントかもしれませんね!


3.天体の逆行の影響は、過去に焦点が当たる

天体は逆行を開始するときと終了するときに、ほぼ動きを止めている(留)という期間があり、その時に一番影響が出ます。

逆行とはそのままの意味なのですが【戻る】ということなので【未来よりも過去に焦点】があたります

逆行期間に起こること

  • 見直し、見返し、
  • 延滞、延期、遅延、中止
  • 再会、再熱、復縁、復活
  • 復習、点検

また、個人天体(水星、金星、火星)は個人にダイレクトに影響を与えやすく、社会天体やトランスサタニアン(木星、土星、天王星、海王星、冥王星)は社会的影響が強くなると言われています。


クラゲでもわかる星読み講座

4.それぞれの天体が逆行した時の個人や社会への影響

それぞれの天体でどう影響があるのかを紹介していきます!
各天体の説明は「西洋占星術における10天体の意味を解説した記事」をご覧ください。

水星☿氏

水星☿は言葉、コミュニケーション、情報、仕事、勉強などを司る天体です。
その水星☿は毎年3回ほど逆行をします。

この期間は。情報・コミュニケーションが弱まったり、文書や移動に関するトラブルが起きやすい傾向にあります。
思い返したり、見直したり、メールの誤送信、コミュニケーション齟齬なども起きやすいでしょう。

また、水星☿氏は交通の象意もあるので、交通の遅延や渋滞なども起きやすいので、時間に余裕を持つのがポイントです!

水星逆行の影響

  • 普段のコミュニケーションでは間違って伝わることがある
  • 書類など間違えが増える
  • 電波系に問題が発生する(SNS・PC・家電製品など)
  • 交通が遅延する、交通渋滞が起こりやすくなる
  • 口論が勃発する
  • お久しぶりの人に再会する
  • 昔のことを思い出す

最新の情報は「水星が逆行した時の影響を書いた記事」をご覧ください。

2022年3回目!天秤座で水星が逆行開始 ~影響や過ごし方のポイントは?~
水星が逆行した時の影響を書いた記事

続きを見る


金星♀ちゃん

恋愛は進みにくい。魅力が出にくいなど、愛・恋・美・金銭が停滞しやすい傾向にあります。
復縁、再会などが起きやすく、高額な買い物や借金にも注意が必要な時期です。

火星♂くん

行動力・チャレンジ力・積極性・暴力・ケンカ・男性の力がダウンしやすい傾向にあります。
エネルギーロスや動きずらさが出てきたり、物事が進展しない期間でしょう。
過去の行動の見直しをしていく期間です。

男性が行動減するので、恋愛が進まないこともあるかもしれません。

木星♃さん

拡大・宗教・法律・自由・哲学などが停滞しがちな期間です。
物事の発展が遅くなったり、チャンスが減ったり、バックアップや背中を押す力が弱まるでしょう。
ただ、悪い流行も弱まる傾向にあります。

土星♄先生

努力・抑圧・制限が弱まる傾向にあり、自分自身の課題や責任と向き合う期間です。
努力ポイントが弱くなるので少し楽になったり、病気が楽になることもあります。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

天王星♅博士

革命・テクノロジー・発明・変革が停滞する傾向にあります。
発明やテクノロジーが停滞し、見直しの期間になります。
復縁や再婚が起きやすくなることも!?

視野を広げることがテーマになり、俯瞰力を身につける期間です。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

海王星♆たん

直感力・潜在意識・夢・薬・芸術が停滞しがちな期間です。
直感力や霊的能力がダウンしたり、芸術や音楽の発展、薬の開発などが滞る傾向にあります。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

冥王星♇様

死と再生がテーマで、強制的な変化がパワーダウンが起こるかもしれません。
無意識から生まれる大きな力をどこに向けるかがテーマとなります。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。


逆行と聞くと大丈夫かな…と思う人もいると思いますが、そんなに怖がらなくても大丈夫です!

その人によって、どの天体で影響が出やすいかは違います。
私の場合は、出生図的にも水星☿氏と天王星♅博士が強めで、Ascも乙女座なので、水星☿逆行はかなり影響強めです(;’∀’)💦

その天体がどの星座(サイン)で逆行するのかにもよって違うので、それぞれの逆行の時の記事を確認してみてください。

Sumie☽.*·̩͙✩.*



クラゲでもわかる星読み講座


-星読みを学ぶ
-, ,