星の動き

2023年版!火星が順行に戻ってパワー回復!? ~いつから?影響は?~

2023年版!火星が順行に戻ってパワー回復!? ~いつから?影響は?~

2023.01.13
2022.10.30から逆行していた火星が双子座で順行に戻ります。

火星が逆行している期間は、以下のように感じた方もいるかもしれません。

  • 増えすぎたものを剪定した
  • やる気が低迷した
  • 停滞感を味わった

ここから、火星は順行に戻り、本来持つパワーややる気、勇気なども回復し本領発揮していきます。

火星はマレフィック(凶星)と呼ばれる天体なので、抑えられていた暴力性や衝動性も強く出てくるかもしれません。

Sumie
私は、このHPで主な天体の動きの影響を1年半以上音声配信で日々の星読み配信を2年以上発信しています。
最近では、西洋占星術の講座も製作してきました。

こんな経験から、今回、火星が順行に戻ってから蟹座に移動するまでの期間(2023.3.25まで)は「積極的に行動し、交流を持っていく期間」だと考えています。

ここからは、火星が順行に戻ってからの社会や私たちに起こる影響や過ごし方について解説していきます。

逆行については「天体の逆行の影響などを解説した記事」を、火星については「西洋占星術における10天体の意味を解説した記事」をご覧ください。


本題に入る前にお知らせです。

あなたや、あなたの周りの方のホロスコープを読んで、もっと性格や才能を知り、より良好な人間関係を築くきっかけにしてみませんか?

そんなあなたのために、西洋占星術の基礎からホロスコープの読み方まで学べる動画講座クラゲでもわかる星読み講座」を製作しました。

このHP限定無料情報もありますので、気になる方は講座の詳細ページをご覧ください。

\このHP限定、無料モニター募集中!/

講座の詳細はコチラ

好きな時間、好きな場所で わかりやすい動画が見放題!


1.2023年の火星順行の影響

今回の火星順行から、火星蟹座までの期間(2023.1.13~2023.3.25)は、
火星逆行期間中に見直してきた「自分のパワーの注ぐ場所や人間関係」に向けて、積極的に行動し、交流を持っていくことが大事です。

この記事の内容は、動画でも解説しています。

留の期間に注意

2022年~2023年の火星逆行は、2022.10.30~2023.01.13の間に起こりました。

2023.1.13には、火星が同じ場所に留まって見える「留の期間」になります。

ここから1週間ほどは以下のことに気を付けると良いでしょう。

  • 失言
  • 言葉での言い争い
  • 先走り、空回り注意
  • 交通事故に注意
  • 火に関する事故注意

衝動性や攻撃性をパワーに変えよう

火星は2023.3.25に蟹座へ移動するまで、再び双子座を進行していきます。
この逆行期間中、特に柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)のみなさんは、動きにくさや発散しにくさ、モヤモヤ感があったのではないでしょうか。

火星が順行に戻ることで、動きにくさから解放されるでしょう。

しかし、衝動性や攻撃性も戻ってくるので、それをどう扱うかが鍵となります。

正面突破せず、逃げることも大事

2023.3.25までの火星が双子座にいる期間は、神経質になり不安定になることもありそうです。

火星と言えば「勇気・やる気・パワー」などがキーワードですが、柔軟宮である双子座の火星ですから、まともに正面突破というよりも「逃げるが勝ち」作戦も大事です。

頑固さや一途さは、自分自身の心にしっかりと置いておき、臨機応変に軽やかに状況に合わせて動いていく意識をしていきましょう。

スムーズな交流が戻る

今回逆行していた火星は、双子座にいたということもあり、交流や言葉のやりとりに行き違いも多かったのではないでしょうか。

特に、年末からは言葉を司る水星も逆行開始しているので、よりコミュニケーション齟齬が起きやすい状態でした。

ここから火星が順行に戻ることにより、その状態は少しずつ改善されていくのではないかと思います。

どっしりと言うよりも軽い火星ですので、うっかり失言には気を付けていきたいですが

積極的に気になる人とコミュニケーションをとって楽しんでいくと良いでしょう。

移動や交流が増える

双子座の火星と言えば、やはり「移動」です。
好奇心旺盛さが売りなので、双子座にいる火星のパワーを受けて、気になるところにお出かけに行く人も増えるのではないかと思います。

その好奇心は、情報を集める・勉強する(例えば、基礎学習)といった人も増えるでしょう。

西洋占星術の基礎からホロスコープの読み方まで学べる動画講座「クラゲでもわかる星読み講座」を始めるのにもオススメかもしれません。

また、逆行期間中に自分の所属する場所を剪定した人もいるかもしれません。
ここから、新しい交流へと進んでいきましょう

軍事や武器の議論は活性化

火星が順行に戻るとき、太陽(国・国家)は合理的に進めていく水瓶座にいます。
その太陽を、双子座の火星と牡羊座の木星がサポートする形です。

火星は戦争や暴力、武器などの意味もあります。
昨年末から議論されている、防衛費に関しての議論がさらに活性化するのでしょう。

2023年1月から日本は、2年間、交連安全保障理事会の非常任理事国となり、1月は議長国も務めるということで、かなりリーダーシップが求められるでしょう。
この配置はそれを応援しているかのようです。

しかし、火星と木星なので活気あるリーダーになりそうではありますが、活気だけで終わらないようにして欲しいなという印象ですね。

牡羊座の木星と双子座の火星で議論が活性化し、新しい何かが生み出され平和へと向かうことを願います。

経済の状況は芳しくないのですが、夢見がちな我々国民も力について考えなければならない時期になるかもしれませんね。


クラゲでもわかる星読み講座

2.2023年の火星順行のまとめ

ここまで解説してきた、火星が順行に戻るときの個人への影響をまとめていきます。

衝動性や攻撃性パワーに変えよう火星の動きと共に戻ってくる衝動性や攻撃性を、どう扱うかが鍵
正面突破せず、逃げることも大事臨機応変に軽やかに状況に合わせて動いていく意識を大切に
スムーズな交流が戻る交流や言葉のやりとりに行き違いは改善するが、失言には注意
移動や交流が増えるお出かけに行く人や、情報を集めるために交流する人が増える

今回あった火星逆行は、双子座に天体がある人がかなり影響を受けていたようです。
また、水星逆行のようなシステムエラーなど影響もあったかもしれません。

今回の火星逆行期間の影響について解説した記事に、実際にあった火星逆行の影響を追記していますので、気になる方はご覧ください。

火星は、使い方を間違えると暴力や衝動として現れますが、我々にやる気や勇気、行動を起こさせる力を与えてくれる天体です。

ここから、約2年火星は各星座を回りながら、我々にパワーを贈ってくれます。

そのパワーは誰かに預けるのではなく、自ら使っていくように心がけていきましょう。


最後にもう一度、お知らせです。

あなたや、あなたの周りの方のホロスコープを読んで、もっと性格や才能を知り、より良好な人間関係を築くきっかけにしてみませんか?

そんなあなたのために、西洋占星術の基礎からホロスコープの読み方まで学べるクラゲでもわかる星読み講座」を製作しました。

このHP限定無料情報もありますので、気になる方は講座の詳細ページをご覧ください。

\このHP限定、無料モニター募集中!/

講座の詳細はコチラ

好きな時間、好きな場所で
わかりやすい動画が見放題!


この記事は、Smjukのミッションステートメントメディアポリシーを基に、以下の担当で作成しております。

-星の動き
-, ,