Smjukの星読み

【西洋占星術】ホロスコープの複合アスペクト(アスペクトパターン)の種類【ステリウム・グランドクロス・グランドトライン・Tスクエア・ヨッド・カイト・ノーアスペクト】

【西洋占星術】ホロスコープの複合アスペクト(アスペクトパターン)の種類【ステリウム・グランドクロス・グランドトライン・Tスクエア・ヨッド・カイト・ノーアスペクト】

ホロスコープ上で、天体同士の角度(アスペクト)から三角形や四角形などの特徴のある図形が浮かび上がってくることがあります。
そのようなアスペクトを複合アスペクト(アスペクトパターン)と呼び、3つ以上の天体がアスペクトを形成することで、よりそのホロスコープの意味に強い影響を与えます

今回はその複合アスペクトの中でも代表的なアスペクトを紹介していきます。

目次

1.複合アスペクトの種類
2.複合アスペクトまとめ

先にアスペクトの意味や複合アスペクトの以外のアスペクトの影響について知りたい方は「アスペクトの基礎を簡単に解説した記事」をご覧ください。


1.複合アスペクトの種類

ステリウム

複合アスペクトの中で、一番影響力が強いアスペクトとされています。
3つの天体がコンジャンクション(0度)している複合アスペクトです。(4天体以上の場合もある)
3つの天体が密着しているので、まるで3つで1つ!団子三兄弟アスペクトと私は呼んでいます。

ステリウムは、ホロスコープ上で「2つの天体が通常のコンジャンクション(0度)を形成し、その他の天体が5度以内にある」または
「5度以上離れている場合でも、3つの天体が同じサイン(星座)にある(隣のサインにある場合は影響力が弱くなる)」状態です。

影響

  • ステリウムは通常のコンジャンクションと同じ考えで、3つの天体が常に同時に働き、お互いの天体の影響が混ざり合い、お互いの良い面も悪い面も強調し合い深め合う
  • どのような影響があるかは、関わっている天体の性質によって変わる

その中に個人天体(特に太陽☉、月☽)が含まれていれば、実質的な活動の主体となる

※通常のコンジャンクションの意味について知りたい方は「メジャーアスペクトの種類と意味についてまとめた記事」も併せてご覧ください。

Tスクエア

スクエア(90度)とオポジション(180度)から形成される三角形のアスペクト

ホロスコープ上で、基本的に同じクオリティ(活動宮・不動宮・柔軟宮)の天体で構成されます。

影響

  • それぞれの天体が主導権を主張し物事が二転三転しやすい
  • 緊張感があり、反発や干渉への対応が必要だが、大きな変化を起こす力となる
  • 頂点の天体を使って強すぎるパワー(180度のアスペクト)をコントロールしようとするので、その他の2天体(180度アスペクト)は反発を感じる

頂点の天体をどう使うかがポイントとなります。
また、Asc・MC・キロンのアスペクトも含みます。(天体からの影響を受け取る側として見る)

グランドクロス

4つの天体がその他の天体に対してそれぞれスクエア(90度)オポジション(180度)を形成し、全体で正方形を形成する複合アスペクト

ホロスコープ上で、基本的に同じクオリティ(活動宮・不動宮・柔軟宮)の天体で構成されます。

影響

  • 天体4つがお互い文句のつけ合いをするのでコントロールが難しい衝動を意味する
    *活動サイン:とても活発的になる。自分らしさを軸にすると良い
    *不動サイン:決断や行動が遅く、頑固だが持久力がある。じっくり丁寧に進めると良い
    *柔軟サイン:優柔不断すぎて何も決められない。目的をしぼって選択すると良い

グランドトライン

3つの天体がそれぞれにトライン(120度)を形成し正三角形を作る複合アスペクト

ホロスコープ上で、基本的にエレメント(火・地・風・水)いずれかの天体の組み合わせで構成されます。

影響

  • エレメントに関する事柄が恵まれた状態で(努力なしに)維持される
  • 主体の天体はその状態を維持したいので、他者の視点が入り込みにくく、お決まりのパターンになりがち
  • 主体の天体は葛藤や衝突が苦手なので、現状から抜け出しにくく打たれ弱い
    *火のサイン:活発で積極的、創造性の安定
    *地のサイン:習慣化、安定感、現実化、物質、実務的
    *風のサイン:知的活動、繋がり力、発想力、豊富な情報や人脈
    *水のサイン:共感力、直感や閃き力、芸術的な才能、思いやり、仲間が豊富

小三角形

3つの天体がトライン(120度)とセクスタイル(60度)で構成される小さな三角形を作る複合アスペクト

ホロスコープ上で、基本的に「火と風」「地と水」のエレメントの天体の組み合わせで構成されます。

影響

  • 主体となる天体をその他の2つの天体が調和的に応援する
  • 努力や試行錯誤による発展をもたらし、生産的な働きをする

カイト

ホロスコープ上で凧のような形に見える複合アスペクト
3つのトライン(120度)と1つのオポジション(180度)、2つのセクスタイル(60度)で形成されています。
グランドトラインのひとつの天体に対して、180度となる天体が入るという形です。

影響

  • グランドトラインの幸運な力を外に向けて発揮できる
  • 生き方に行動力とダイナミックさがうまれる
  • 人生のすべてをかけるような大きなテーマを見つけるとよい

ヨッド

セクスタイル(60度)の2つの天体に対して、インコンジャンクト(150度)をつくる天体3つで構成される複合アスペクト

影響

  • 「神の手」とも呼ばれ、神に定められたかのように宿命を背負うと言われている
  • 2つの天体はセクスタイルで調和的でスムーズな関係だが、そこに共通点のないインコンジャンクトの天体入ることで折り合いをつけるために二重の調整をさせられる
  • セクスタイルを組む2つの天体の目的のためだけに第3の天体は働かされるので、その他の働きが制限されやすい
  • 成長が進むにつれ、訓練や調整能力として、高い専門能力を育むので、何か特定の分野に特化していくとよい
  • ヨッドで示される職は生涯取り組む職業となりやすい

メディエーション(調停)

オポジション(180度)の天体に対して他の天体がセクスタイル(60度)トライン(120度)のアスペクトを作る複合アスペクト

ホロスコープ上で、基本的に「火と風」「地と水」のエレメントの天体の組み合わせで構成されます。

影響

  • オポジションの緊張感をとりもって緩和し、事態を良い方向へと向ける

ミスティックレクタングル

2種類のオポジション(180度)がお互いにセクスタイル(60度)トライン(120度)で結びつき、ホロスコープ上で長方形のような図形で現れる複合アスペクト
2つのメディエーション(調停)から形成され、基本的に「火と風」「地と水」のエレメントの天体の組み合わせで構成されます。

影響

  • 緊張と緩和を繰り返し、強い生産性と応用力としてあらわれる
  • 作家やクリエイターに多いアスペクト
  • 困難も多い人生だが、サポートも多くピンチのときに救われることが多い
  • 自らでは気づきにくく、希薄になるか過剰になるかどちらかの状態であらわれることが多い

ノーアスペクト

他の天体とアスペクトをとらない天体

影響

その天体は過剰に働くか、働きが弱いか極端になりやすい

他の天体との連携がないため、扱いにくく実用性が希薄になる

他の影響を受けないので、独自にその天体の意味を深め、能力を特化し独自の個性を放つこともある

※ノーアスペクトの天体のそれぞれの意味については別記事にて掲載予定です。


2.複合アスペクトまとめ

複合アスペクトは他にもありますが、今回は私も使用している基本的な複合アスペクトのみを紹介をしました。
基本的には10天体、Asc、MC、ドラゴンヘッド・ドラゴンテイル、キロンで形成されるものを複合アスペクトとして採用していますが、これも占星術師によって考え方が違います。
オーブも広くとると、たくさんの複合アスペクトができあがるので、あまりオーブを広く取り過ぎずに読むのが
正確にそのホロスコープを読み解けるポイントです!

※オーブについては「天体の許容範囲(オーブ)についてまとめた記事」をご覧ください。

Sumie☽.*·̩͙✩.*

-Smjukの星読み
-