Smjukの星読み

挫折しない西洋占星術!ホロスコープを読むには、まず区分を知ろう!

挫折しない西洋占星術!ホロスコープを読むには、まず区分を知ろう!

西洋占星術は覚えることがたくさんあり、挫折する人も多いと言われています。
12星座の特徴を覚えるだけでも大変ですよね。

そんな人はまず、「区分」をしっかり理解していきましょう!
星座の区分を覚えているだけで、それぞれの星座の特徴や相性もおおまかにわかるようになりますよ。


1.西洋占星術における区分とは【おおまかな性質や傾向を読み解く】

西洋占星術のサイン(星座)は、その性質や傾向によって「2区分」「3区分」「4区分」に分類でき。12星座を次のように分けることができます。

  • 2区分(ポラリティ)
    「奇数星座(陽・男性宮)」「偶数星座(陰・女性宮)」
  • 3区分(クオリティ)
    「活動宮」「不動宮(固定宮)」「柔軟宮」
  • 4区分(エレメント)
    「火」「地」「風」「水」

例えば、牡羊座なら「奇数星座(2区分)・活動宮(3区分)・火(4区分)」といった形です。

これで、おおまかなその星座の性質や傾向を読み解いていけます
また、ホロスコープを読むときに、どの区分にたくさん天体が入っているのか、どの区分には天体が少ないのかを出すと、そのホロスコープの持ち主の大まかな性格や傾向も読み解いていくことができます

それでは、それぞれの区分についてザクっと解説していきます。

2区分(ポラリティ)

2区分は12星座を6つずつ「奇数星座(陽・男性宮)」「偶数星座(陰・女性宮)」の2種類に分けられています。
基本的に、それぞれの星座の「性質や傾向」を表します

  • 奇数星座(陽)(男性宮)
    星座:牡羊座・双子座・獅子座・天秤座・射手座・水瓶座
    性質:現実的・積極的・外交的・変化・自分本位など
  • 偶数星座(陰)(女性宮)
    星座:牡牛座・蟹座・乙女座・さそり座・山羊座・魚座
    性質:理想的・消極的・内向的・安定・他者本位など

詳しくは「2区分(ポラリティ)について書いた記事」をご覧ください。

【ホロスコープを読む】西洋占星術の2区分(ポラリティ)について「奇数星座(男性星座・陽)」/「偶数星座(女性星座、陰)」あなたは積極的?消極的?
2区分(ポラリティ)について書いた記事

続きを見る


3区分(クオリティ)

3区分は12星座を4つずつ、「活動宮・不動宮・柔軟宮」の3種類に分けられています。
基本的に、それぞれの星座の「行動の傾向」を表しているものです。

  • 活動宮
    星座:牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座
    性質:活動宮は季節のはじまりに例えられ、「行動的・積極的・主体的・瞬発力」を持つ。
  • 不動宮
    星座:牡牛座・獅子座・さそり座・水瓶座
    性質:不動宮は季節の盛りの時期に例えられ、「忍耐・マイペース・頑固・安定」を持つ。
  • 柔軟宮
    星座:双子座・乙女座・射手座・魚座
    性質:柔軟宮は季節の変わり目に例えられ、「適応力・調整役・不安定・柔軟性」を持つ。

詳しくは「3区分(クオリティ)について書いた記事」をご覧ください。

【ホロスコープを読む】 西洋占星術の3区分(クオリティ)について「活動宮」「不動宮」「柔軟宮」を知ろう(あなたは行動派?職人派?臨機応変派?)」
3区分(クオリティ)について書いた記事

続きを見る


4区分(エレメント)

4区分は12星座を3つずつ「火・地・風・水」の4種類に分けられています。
基本的に、それぞれの星座の「価値観や考え」を表しています。


  • 星座:牡羊座・獅子座・射手座
    性質:「精神」を重視するタイプ。積極的で情熱的

  • 星座:牡牛座・乙女座・山羊座
    性質:「物質」を重視するタイプ。安定感と堅実性

  • 星座:双子座・天秤座・水瓶座
    性質:「知性」を重視するタイプ。社交的で理性的

  • 星座:蟹座・さそり座・魚座
    性質:「感情」を重視するタイプ。優しく共感力が高い

詳しくは「4区分(エレメント)について書いた記事」をご覧ください。

【ホロスコープを読む】 西洋占星術の4区分(エレメント)について「火」「地」「風」「水」を知ろう(あなたの価値観はどれ?相性は?)
4区分(エレメント)について書いた記事

続きを見る


2.区分分けしてホロスコープを読む

ホロスコープを出して区分分けすることで、その人の大まかな性質や傾向を読み解いていきます。

・10天体がどの星座に入っているかを見る
・2区分、3区分、4区分に天体を分ける
・太陽☉と月☽は重要なポイントとして見る
・どの要素が多いか少ないか見て、ざくっと傾向を把握する。

挫折しない西洋占星術!ホロスコープを読むには、まず区分を知ろう!

※Free Horoscope Chartsを使用

例えばこのホロスコープの場合、以下のように読んでいきます。

2区分

  • 男性宮
    月☽(射手座)、土星♄(水瓶座)
  • 女性宮
    太陽☉(牡牛座)、水星☿(牡牛座)、金星♀(魚座)、火星♂(魚座)、木星♃(魚座)、天王星♅(牡牛座)、海王星♆(魚座)、冥王星♇(山羊座)

2区分では、(男性宮:2、女性宮:8)で女性宮が多く、「内向的な性質が強い傾向がある」と読めます。


3区分

  • 活動宮
    冥王星♇(山羊座)
  • 不動宮
    太陽☉(牡牛座)、水星☿(牡牛座)、土星♄(水瓶座)、天王星♅(牡牛座)
  • 柔軟宮
    月☽(射手座)、金星♀(魚座)、火星♂(魚座)、木星♃(魚座)、海王星♆(魚座)

3区分では(活動宮:1、不動宮4、柔軟宮5)で柔軟宮が一番多いです。

行動様式は「柔軟に物事を対応していける」が、太陽☉が不動宮に入っているので、「自分の意志も強く持って」いるタイプと読めます。
活動宮の要素が少ないので、自ら積極的に動くことや、リーダーシップを発揮するのは苦手かもしれません。


4区分


  • 月☽(射手座

  • 太陽☉(牡牛座)、水星☿(牡牛座)、天王星♅(牡牛座)、冥王星♇(山羊座)

  • 土星♄(水瓶座)

  • 金星♀(魚座)、火星♂(魚座)、木星♃(魚座)、海王星♆(魚座)

4区分では(火:1、地:4、風:1、水:4)で地と水の性質が同じです。

しかし、主要な天体である太陽☉が地の星座ですので、ここでは地の性質である「現実的で安定性を求める性質」が強いと解釈します。
恋愛や人との関係においては、水の性質が強く出て「感情」に左右されることが多いようです。


2区分、3区分、4区分すべて合わせる

積極性には欠けるが、自分の信念を持ってやるべきことを確実にこなしていく人。
相手や社会のリズムに合わせ、意見を取り入れながらマイペースに自分の道を進んで行くとよいでしょう。

プライベートでは、あちこちに出かけ、活動的な一面があるかもしれません。


3.西洋占星術における区分まとめ

区分をしっかりと理解しておくと、星座の性質が分からなくなったときに思い出しやすくなります。
また、相性を見るときやアスペクト(天体同士の繋がり)を読むときにも大事な要素です。

天体の点数を使った細かい区分の分け方や、欠けている部分(要素が少ない区分)の詳しい解釈の仕方などは現在「星読み 動画講座」を作成中です!(夏頃発売予定)
そこで、例題なども用いて分かりやすく解説していきますので、お楽しみに☆彡

Sumie☽.*·̩͙✩.*

-Smjukの星読み
-