星座別の特徴

【仕事・適職あり】水星射手座の性格・特徴は、かなりの飽き性で話し方は小難しい【デトリメントの関係】

ウェビナー開催します!

【星読みウェビナー】チャンスを逃がすな!
木星双子座の幸運の掴み方

開催は3日間!
6月2日(日)、6日(木)、8日(土)

ウェビナーチケットを購入いただくと、どの日でも参加いただけます。(複数回OK)

詳細は、ウェビナーの詳細ページをご覧ください!

詳細はコチラ

【水星】水星射手座の性格・特徴・コミュニケーション力・仕事・適職 ~太陽星座との組み合わせも紹介~

西洋占星術において水星とは「コミュニケーション力や物事の進め方」を司る天体です。

自身の水星星座の特徴を知り、自分の才能やどんな形で能力が発揮されるのかを知りたい方もいるのではないでしょうか。

Sumie
私は、このWebサイトやSNSで主な天体の動きの影響を4年以上発信するなど、西洋占星術に関する情報を発信しており、他にも以下のような経験があります。

こんな経験から、水星射手座の性格・特徴のポイントは以下の5つと考えています。

  • 難しい本や知識が好き
  • まとめるのが苦手
  • 理性よりも直感重視
  • かなりの飽き性
  • 回りくどいのは苦手

この記事では、水星射手座の性格・特徴太陽星座との組み合わせた性格・特徴について解説していきます。仕事や適職についても触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

水星射手座の性格や特徴を知って、普段の生活や仕事、人間関係に活かしていましょう。

水星星座の基礎知識は「ホロスコープを読むときの水星の意味」を解説した記事をご覧ください。


本題に入る前にお知らせです。

現在、LINE公式アカウントに登録していただくと、

西洋占星術を学ぶ近道がわかる無料講座
「プレ・クラゲでもわかる星読み講座」
をプレゼント中!

このLINEでは、星の動きの最新情報やお知らせなどを配信しています。

不要になったらブロックすればOKですので、
今だけの情報を見逃す前に登録してみてください!

\登録者プレゼントあり/

友だち追加

星の動きの最新情報が届く!

(パソコンの方はクリックしていただくとQRコードが表示されます。)


1.【性格・特徴】水星射手座は「難しい本や知識が好き」

ホロスコープを読むうえで水星は、考え方や興味の対象・コミュニケーションの取り方に影響を与えると言われています。

ここからは、冒頭に記載した以下の5つのポイントについて解説していきます。

  • 難しい本や知識が好き
  • まとめるのが苦手
  • 理性よりも直感重視
  • かなりの飽き性
  • 回りくどいのは苦手

難しい本や知識が好き

射手座の水星の人は、日常の雑多な話題よりも哲学や心理学など小難しい話しを好む傾向があります。

向学心が強く、本好きの人も多いのが特徴です。

他者と話していても「人とは…」「生きるとは…」という難しい話題になっていくかもしれません。

まとめるのが苦手

向学心旺盛で、興味が散漫なので話している最中にも思い出したかのように別の話題になることや、興味のない話になると一人空想の世界に入ってしまうことがあります。

話しをまとめるのも苦手で、どんどん話題が広がっていってしまい収集がつかなくなることも多いかもしれません。話し出したら止まらないのも特徴でしょう。

理性よりも直感重視

いつも精神世界に耽っているため、具体的な事実に関して関心が弱い傾向があります。

直感や閃き力が強く、それによって物事を判断することが多いでしょう。

知識は豊富でアイデアマンですが、スピードを重視するので結論を早く求めがちでしょう。

かなりの飽き性

向学心旺盛なものの、集中力が長く続かず飽き性なので、勉強や仕事も継続するのが苦手です。射手座に水星を持つ人は転職が多いとも言われています。

豊富な知識があっても上手く使えないと浪費してしまうので、水星が射手座にある人はご自身の変わりやすさを理解し、上手に付き合っていきましょう。

しかし、「これだ!」と情熱を注げるものが見つかるとトコトン突き詰めることもできるので、たくさんの知識や仕事と出会う中で、情熱を注げるものを見つけると良いでしょう。

回りくどいのは苦手

素直で率直さが売りの水星射手座なので、回りくどい話が大の苦手です。

聞くのはもちろんですが、話すときもそれを嫌がりストレートに話し過ぎて誤解を受けやすいかもしれません。

お世辞や社交辞令を嫌がり上司や先輩であったとしてもフレンドリーに話すタイプでしょう。グループの仕切り役などすれば、円滑に回す才能を発揮できるかもしれませんよ!


西洋占星術の基礎からホロスコープの読み方まで学べる、いつでもどこでも見放題の動画講座

クラゲでもわかる星読み講座

質問会や勉強会も開催中!アフターフォローも手厚く、初心者でも安心です。

※クラゲでもわかる星読み講座は、本Webサイトを運営している「Smjuk」が製作・運営・販売しており、この記事の筆者「Sumie」が講師です。


2.水星射手座と太陽星座を組み合わせた性格・特徴

水星は太陽の目的を果たす道具としての役割があると言われています。それぞれの星座によって、情報を得るパターンやコミュニケーションの取り方の違い、分析や整理するときに得意なパターンが違ってきます。

水星は、公転速度や軌道の関係で太陽から28度以上離れることがないため、太陽星座と水星星座の組み合わせは1つの太陽星座に対して3通りしかありません。射手座は以下の3通りです。

  • 水星射手座×太陽さそり座
  • 水星射手座×太陽射手座
  • 水星射手座×太陽山羊座

ここから、それぞれの組み合わせについて解説していきます。

太陽星座については「太陽星座の性格・特徴をまとめた記事」をご覧ください。

水星射手座×太陽蠍座

難しい分野はお手の物!心にも寄り添う救世主!?
射手座の向学心と蠍座の一つに集中する力が合体し、気になったものはとことん追求できます。何らかの専門分野でもっとも活躍する組み合わせでしょう。

無口と言われる蠍座の中では、お喋りは得意な方かもしれません。精神世界の分野やカウンセラーなどが向いているでしょう。

水星射手座×太陽射手座

興味の赴くままに自由に生きるNo.1
射手座の一番の特徴である「自由さ」が前面に出る組み合わせでしょう。

さまざまなことに興味を持ち、学んでいく姿勢はピカイチです!知識も多く、話していて人を飽きさせることはないかもしれません。

でも、知らないうちに姿がない!?なんてことも。海外を飛び回っていたり、一人旅に出かけたりする人も多いのではないでしょうか。

仕事は冒険心くすぐるような探検家や海外での仕事、ツアーコンダクターなどもおすすめです。

水星射手座×太陽山羊座

目標を定めたら狙い打ち!ハンター気質No.1
山羊座の目標を設定して自ら行動する力と射手座の水星が組み合わさると、狙いを定めたものに対して突き進む力が宿ります。

山羊座はコツコツと課題をクリアーしていく力や継続力があり、その課題に射手座の水星の知識量がついてくると知らない間に目標達成していることも多いのではないでしょうか。

どちらの星座も教師向きなので、大学教授や自分の得意な専門分野を教える仕事が向いているでしょう。


まとめに入る前にもう一度お知らせです。

現在、LINE公式アカウントに登録していただくと、

西洋占星術を学ぶ近道がわかる無料講座
「プレ・クラゲでもわかる星読み講座」
をプレゼント中!

このLINEでは、星の動きの最新情報やお知らせなどを配信しています。

不要になったらブロックすればOKですので、
今だけの情報を見逃す前に登録してみてください!

\登録者プレゼントあり/

友だち追加

星の動きの最新情報が届く!

(パソコンの方はクリックしていただくとQRコードが表示されます。)


3.水星射手座の性格・特徴まとめ

これまで解説してきた水星射手座の全体的な性格・特徴をまとめていきます。

難しい本や知識が好き哲学や心理学など小難しい話しを好む傾向がある
まとめるのが苦手どんどん話題が広がっていってしまい収集がつかなくなることも多い
理性よりも直感重視具体的な事実に関して関心が弱い傾向がある
かなりの飽き性向学心旺盛なものの、集中力が長く続かず飽き性で、勉強や仕事も継続するのが苦手
回りくどいのは苦手素直で率直さが売り

また、太陽星座と組み合わせた性格・特徴をまとめると以下の通りです。

水星射手座
太陽さそり座何らかの専門分野でもっとも活躍する
太陽射手座「自由さ」が前面に出る
太陽山羊座狙いを定めたものに対して突き進む力が宿る

水星にとって、射手座はデトリメントの関係です。対面する双子座のように、スマートに水星を扱うことは難しく感じたり、日常会話や雑談が苦手な方も多いでしょう。

知りたい欲求は強いので、たくさんの知識や専門的な技術を扱えますが、ときに宝の持ち腐れになることもあります。

射手座は火のエレメントでもあるので、自分の情熱や直感を大事にして、苦手なことは得意な人に任せるなどして自分の専門分野を広げていくのが良いでしょう。

【おまけ】水星射手座の仕事・適職

水星や太陽のハウスや他天体との角度、他の天体の星座、ハウス状況によって変わります。

この適職は、「こんな感じの仕事が似合うよ~」とか「やりがいを感じやすいよ~」「能力発揮しやすいよ~」といったくらいで受け取ってください。

  • 基本的になんでもこなせるが長続きしないので、変化の多い職種
  • 海外に縁がある仕事
  • 法律関係などの専門分野
  • 哲学や宗教学などを扱う仕事
  • スポーツ関係の仕事
  • 出版関係の仕事

例:作家、ライター、出版社、哲学者、宗教家、大学教授、弁護士、司法書士、外交官、商社マン、通訳、スピリチュアル系など



この記事は、Smjukのミッションステートメントメディアポリシーを基に、以下の担当で作成しております。

-星座別の特徴
-,