星読みを学ぶ

【ホロスコープを読むうえで重要】西洋占星術におけるドラゴンヘッドとドラゴンテイルの意味や影響

ウェビナー開催します!

【星読みウェビナー】チャンスを逃がすな!
木星双子座の幸運の掴み方

開催は3日間!
6月2日(日)、6日(木)、8日(土)

ウェビナーチケットを購入いただくと、どの日でも参加いただけます。(複数回OK)

詳細は、ウェビナーの詳細ページをご覧ください!

詳細はコチラ

本ページはプロモーションが含まれています。

ドラゴンヘッド・ドラゴンテイル

ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは占星術の書籍でもあまり取り上げられていませんが、ホロスコープを読む上でとっても重要なポイントです。

以下のような意味を持ちます。

  • ドラゴンヘッド
    未来
  • ドラゴンテイル
    過去

Sumie

私は、このWebサイトやSNSで主な天体の動きの影響を4年以上発信するなど、西洋占星術に関する情報を発信しており、他にも以下のような経験があります。

私は個人鑑定するときには必ずドラゴンヘッドの解釈をお伝えしています。ドラゴンヘッドの課題こそがとても大きなメッセージを秘めていることが多いと考えています。

この記事では、ドラゴンヘッド・ドラゴンテイルの意味と、日食・月食との関係について解説していきます。


ホロスコープを読めるようになることで、あなたやあなたの周りの方の性格や才能を知って、良好な人間関係を築くきっかけにしてみませんか?

西洋占星術の基礎からホロスコープの読み方まで学べる「クラゲでもわかる星読み講座」の受講者を募集中です。

通勤しながら、家事をしながら、スマホ1台で見放題の動画講座です。受講者限定の質問会や勉強会で購入後のサポートもあります!

詳しくは講座の詳細ページをご覧ください。

クラゲでもわかる星読み講座(文字4)

\全カリキュラムのセット割引あり/

詳細はコチラ

アフターフォローも手厚く、初心者でも安心!

※クラゲでもわかる星読み講座は、本Webサイトを運営している「Smjuk」が製作・運営・販売しており、この記事の筆者「Sumie」が講師です。


1.【ホロスコープで重要】西洋占星術におけるドラゴンヘッドとドラゴンテイルの意味

ドラゴンヘッドとドラゴンテイルとは、月の軌道(白道)と太陽の通り道(黄道)の交点で、180度向き合っています。交点は2つあり、それぞれ以下の通りです。

  • 北側
    ドラゴンヘッド(ノースノード)
  • 南側
    ドラゴンテイル(サウスノード)

このため、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは同時に移動し、他の天体と逆に移動しているためホロスコープ上で見るといつも(R)が表示されています。

一つの星座に約1年半滞在します

ドラゴンヘッドやドラゴンテイルは占星術の書籍でもあまり取り上げられていないのですが、私が鑑定してきた中では、かなり重要なポイントだと感じています。星座やハウスはもちろんのこと、それぞれのサビアンシンボルもとても重要です。

通常、サビアンシンボルを見るときには、繰り上げて読みますが(例えば、双子座1度だとサビアンシンボル2度となる)、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは他の天体たちと逆回りになるので、私は小数点を切り捨てて読んでいます。感覚ですが、この読む方が鑑定でお話するときに当てはまる人が多かったです。

ドラゴンヘッドは未来を表す

  • 別の呼ばれ方
    ノースノード、昇交点
  • ホロスコープ上の表記

ドラゴンヘッドhは、悪しき習慣を打ち砕き、新しいパターンへと移行するヒントを与えてくれる「未来」を表します。

他にも、今世で成し遂げる課題、前世でやり残した課題や一族のカルマを癒す場所とも言われています。

その人がこの世に生まれてきた意味や果たすべき役割を示しています

ドラゴンテイルは、過去を表す

  • 別の呼ばれ方
    サウスノード、降交点
  • ホロスコープ上の表記

ドラゴンテイルは、これまでに習得してきたこと、無意識の執着や習慣、とても手慣れているものなど「過去」を表します。ご縁を繋げる場所とも言われています。

得意で散々やり過ぎたので、飽き飽きしてもうやりたくないこと、過去生ですでにやってきたことを示します

意識しなくてもおこなってしまう行動などを知ることが出来ます。


西洋占星術の基礎からホロスコープの読み方まで学べる、いつでもどこでも見放題の動画講座

クラゲでもわかる星読み講座

質問会や勉強会も開催中!アフターフォローも手厚く、初心者でも安心です。

※クラゲでもわかる星読み講座は、本Webサイトを運営している「Smjuk」が製作・運営・販売しており、この記事の筆者「Sumie」が講師です。


2.「ドラゴンヘッド・ドラゴンテイル」と「日食・月食」の関係

ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは日食や月食と関りがあります。ヨーロッパでは日食や月食は、空飛ぶ竜が太陽と月を食らうためだとイメージし、星が姿を消す二つのポイントを竜の「頭(ヘッド)」と「尻尾(テイル)」になぞらえたと言われています。

日食・月食は、月や太陽がドラゴンヘッドもしくはドラゴンテイル(ノースノードとサウスノード)に近づくときに起こる現象です。

  • 日食
    月と太陽がドラゴンヘッドまたはドラゴンテイルの近く(18.50度以内)にあるときの新月
  • 月食
    月がドラゴンヘッドまたはドラゴンテイルの近く(12.25度以内)にあるときの満月

月、太陽、ドラゴンヘッド、ドラゴンテイルは、同じサイン(星座)にあるかどうかではなく、日食なら18.50度以内にあるかどうか。月食なら12.25度以内にあるかどうかで判断します。

日食も月食も、月がドラゴンヘッド側で起こるのか、ドラゴンテイル側で起こるのかで意味が異なってきます。

  • ドラゴンヘッド側
    未来や獲得、終わらない欲望
  • ドラゴンテイル側
    過去や解放、解脱

これにサイン(星座)の意味やハウスの意味も加えてホロスコープを読み解いていきます。

日食・月食については「西洋占星術における日食・月食について解説した記事」をご覧ください。


西洋占星術の基礎からホロスコープの読み方まで学べる、いつでもどこでも見放題の動画講座

クラゲでもわかる星読み講座

質問会や勉強会も開催中!アフターフォローも手厚く、初心者でも安心です。

※クラゲでもわかる星読み講座は、本Webサイトを運営している「Smjuk」が製作・運営・販売しており、この記事の筆者「Sumie」が講師です。


3.西洋占星術におけるドラゴンヘッドとドラゴンテイルまとめ

ここまで解説してきた内容をまとめていきます。

ドラゴンヘッドドラゴンテイル
別の呼び名ノースノード
昇交点
サウスノード
昇交点
ホロスコープ上の表記
表すもの未来過去
意味その人がこの世に生まれてきた意味や果たすべき役割を示す。得意で散々やり過ぎたので、飽き飽きしてもうやりたくないこと、過去生ですでにやってきたことを示す。

ドラゴンヘッドとドラゴンテイルはご縁の場所とも言われています。縁といっても様々で、人だけでなくものや環境などもあります。

特に、ドラゴンヘッドは今世の課題や頑張りポイントでもあるので、自分のテーマを知る上でもとても重要な役割をしています。

運行中のドラゴンヘッドの星座移動は、それぞれの課題が切り替わるタイミングやご縁が切り替わるタイミングでもあります。

過去のご縁と未来のご縁、どちらも大切ですが、今のご縁を大切に、そして今与えられた課題を大切にして過ごしていきましょう!

ドラゴンヘッドとテイルの書籍などはあまりない気がするのですが(私が探し切れていない可能性もあります)鏡リュウジ先生のルネーション占星術の本にて少し載っていますので、ドラゴンヘッドとテイルが気になる方、月の満ち欠けと私たちの影響について気になる方はチェックしてみてください!



この記事は、Smjukのミッションステートメントメディアポリシーを基に、以下の担当で作成しております。

-星読みを学ぶ
-, ,