心の科学

“察してほしい”そう感じた時に読む話 ~人間の特殊能力を使う時~

ウェビナー開催します!

【星読みウェビナー】チャンスを逃がすな!
木星双子座の幸運の掴み方

開催は3日間!
6月2日(日)、6日(木)、8日(土)

ウェビナーチケットを購入いただくと、どの日でも参加いただけます。(複数回OK)

詳細は、ウェビナーの詳細ページをご覧ください!

詳細はコチラ

“察してほしい”そう感じた時に読む話 ~人間の特殊能力を使う時~

あなたは、自分の気持ちをしっかりと伝えられますか?
自分の意見や好きな気持ち、嫌だと思う気持ち、あなたの言葉で相手に伝えられているでしょうか?

よく、男女間のトラブルの中に、「相手に察してほしい女子」と「言ってくれないと分からない男子」
というものがあります。女性と男性と逆のパターンもあるでしょう。
私は、どちらかというと“察してほしい”と思っていました。
しかし、相手の気持ちを察することは得意ではないので、“言って欲しい”とも思っていました。

「え?何それ!?それってすごく矛盾しない?」
そう感じた方もいるでしょう。
そう、矛盾するのです。そして、自慢ではないですが、自分が矛盾していたことにも気が付いていませんでした。


「言葉」は人間の特殊能力

テレパシーは使えない

私たちは宇宙人のようにテレパシーは使えません。(宇宙人がテレパシーを使うかは不明ですがw)
どれだけ念力を送り続けても、すべてを相手に伝えることは難しいです。
だからこそ、私たち人間には【言葉】という特殊能力が備わっているのです。
これって、実はとってもすごい能力なのです。

私たち人間は、当たり前のように言葉を話します。
言葉が離せないとしても、ジェスチャーや文字を使って思いを伝えることもできます。

しかし、他の動物たちはどうでしょうか。
私は、犬を飼っているのですが、この子たちがお話しできたらどれだけ楽しいか。と、よく考えます。
しかし、動物たちは私たちのように言葉を話すことはできませんし、文字で伝えることもできません。
出来たとしても目で訴えたり、いつもの仕草で伝えたりするくらいです。

それも、私たち人間が勝手に解釈しているだけで、本当の気持ちはわかりません。
きっと動物たちも、思いが伝わらなくてもどかしい気持ちでいると思います。

それだけ、【言葉】を使えるってすごい特殊能力なのです!

“察してよ”なんて言っている場合ではない

私たちは、こんなに素敵な能力を持っているのにも関わらず、時々怠慢になり、言葉を蔑ろにします。
それが、“察してよ”という思いや態度です。

私は、自分が矛盾していたことに気が付いてから、自分自身が怠慢であったことを痛感しました。
相手に求めてばかりで、自分はせっかく備わったこの【言葉】という能力を使いもしないで、何を言っているのかと。
相手に思いを察して欲しいと求めるのではなく、自ら“伝える”ことを疎かにしていたなと反省しました。

私たち人間はとても素晴らしい能力を授かってこの世に生まれてきました。
テレパシーなんてややこしいものを使わなくても、自分の思いや意見を伝えられるのです。
その能力を使わないなんて、勿体ないことだと思いませんか?
せっかく人間だけに与えられた特権です。使わないと勿体ないのです。
察してよ”なんて言っている場合ではないのです。

感謝している気持ちも、好きだという気持ちも、嫌だという思いも全て、言葉で伝えないと伝わらないのです。
態度で示してみたところで、伝えたい気持ちの半分もきっと伝わりませんし、時に誤解を生みます。

しかし、誤解を生んでしまっても言葉をしっかりと使わなかった反省はしても、落ち込むことはありません。
誤解を生んでしまって、わだかまりが出来た時こそ、【言葉】を使おうのサインなのです。
・大事な人間の特殊能力忘れていませんか?
・適切に使えていますか?
・伝えることをさぼっていませんか?
と、サインが送られてきているのです。

気づいた時から、その能力をフルに使う行動を起こせばいいのです。


特殊能力「言葉」は万能じゃない

特殊だからこそ、慎重に

しかし、いくら【言葉】が私たち人間にだけ与えられた特殊能力だからと言って、万能なわけではありません。
その能力の使い方を間違えれば、相手を傷つけたり、自分を傷つけたりすることもあるのです。

だからこそ、思考力や応用力が備わっているのです。
・頭で考えて言葉に出す。
・失敗を反省して、次へ活かす。

その能力が特殊だからこそ、慎重に扱わないといけません。
・相手に伝える前に一呼吸おいて、冷静になってから伝える。
・始めに相手を労い、感謝する言葉をかけてからお願い事をする。

相手が心地よくなるような言葉を発する
それを意識するだけで、伝わり方もぐんと変わってきます。

特殊能力「言葉」を使いこなす

【言葉】を使うことを面倒くさがらずに、その備わった能力を遺憾なく発揮していきましょう。
苦手だという人も、少しずつ言葉という“道具”を使う練習をしていきましょう

どんな道具でも、使い慣れないとうまく使いこなせません。
どんどん使っていくからこそ、手にも馴染んで使いやすくなってくる。自分の使い方が見えてくるのです。

言葉という道具も同じです。
使わなければ宝の持ち腐れです。
少しだけ使ってしまっていては、その道具はサビてしまうかもしれません。
普段から使い慣れること、そして時に手入れをすること(反省して活かす)が大事なのです。

さぁ、あなたの特殊能力!使っていきましょう
その能力であなたの思いを伝えましょう。

きっともっと人生は豊かになり、人間関係も円滑に進みます。
寡黙を貫いたり、クールを気取っている場合ではないのです。
それは、相手を惚れさせる時だけ使ってくださいw
相手がクールさに惚れたら、そこからその特殊能力でベタ惚れにしていってください。

私たちはこの世界で【言葉】が使える唯一の生き物です。
そのことに感謝して、思う存分堪能していきましょう。


私も“察してよ”はもう止めにしたいと思います(;’∀’)

Sumie🌙.*·̩͙✩.*

-心の科学
-,