心の科学

迷惑かけてしまったかもと反省した時に読む話 ~その時はよろしくね💕“許し”と“感謝”の心~

ウェビナー開催します!

【星読みウェビナー】チャンスを逃がすな!
木星双子座の幸運の掴み方

開催は3日間!
6月2日(日)、6日(木)、8日(土)

ウェビナーチケットを購入いただくと、どの日でも参加いただけます。(複数回OK)

詳細は、ウェビナーの詳細ページをご覧ください!

詳細はコチラ

迷惑かけてしまったかもと反省した時に読む話 ~その時はよろしくね💕“許し”と“感謝”の心~

日本人は親や先生から「他人様に迷惑をかけてはいけない」と教えられて育ってきた人も多いでしょう。
しかし、インドでは「あなたも迷惑をかけるのだから、相手のことも許しなさい」と教えるのだそうです。

“迷惑をかけるな”という日本の教えに対して、“迷惑はかけるもの”と教えるインド。
私はこのインドの考え方を知ったとき、なんだかホッとした気持ちになると同時に、自分は周りに助けられて生きている、自分も周りの人のことを許し助けて生きなければならないなと思いました。


迷惑をかけてもいい、かけられてもいい

迷惑をかけないのは至難の業

そもそも、迷惑をかけずに人間は生きることが出来るのでしょうか?
山奥にこもり、誰とも関わらなければ人に迷惑はかからないかもしれません。

しかし、その人の知らないところで、その人がいないと事が運ばなくて迷惑をかけているかもしれませんし、寿命が来て朽ち果てたとき、それを処理する人たちに迷惑をかけるかもしれません。
ましてや、現代社会で生きていく人間で迷惑をかけない!なんて至難の業だと思いませんか。
それを教える日本の教育のストイックさは怖いほどです。
真面目に生きろ、謙虚に生きろという日本のすばらしさでもあるかもしれませんが、それが時に人の心を窮屈にして苦しめることもあります。

諦めが肝心

あなたは、やりたいことがあっても「これは親に迷惑がかかりそうだからやめておこう」とやりたいことをやめたり、「○○さんに迷惑をかけてしまうかもしれない」と言いたいことを言えなかったりした経験はありませんか?
相手に気を遣うことは良いことなのかもしれません。

しかし、それが行き過ぎると自分軸ではなく、いつも他人軸で自分の言動を選択し、制限してしまうことになるのです。
他人軸で選択された自分の行動や言葉は、自分の素直な気持ちとは違うことが多いので、ストレスになっていきます。
そして、その選択が良くないシナリオを辿った時、相手のせいにし、この社会のせいにしてしまうのです。

迷惑をかけない人間なんてこの世の中に存在しない。
だから、迷惑をかけないように、かけないようにと気を使って生きるのではなく、迷惑はかけてしまうものなのだからしょうがない!と諦めるのが肝心です。
もちろん、なんでもかんでも好きなようにしたらよいというわけではありません。

日本人の他人様に迷惑をかけないという、相手に気遣う心もある程度持ちながら、迷惑をかけることもあるのだから仕方ないよなと考えることが大事なのです。

相手の迷惑を受け入れるために

そして、インドの教えにもあるように、“自分も迷惑をかけて生きているのだから、相手の迷惑も許し受け入れること”が大切なのです。

でもこれって、
自分が迷惑をかけている=助けてもらっている=感謝
という構図ができないと、相手の迷惑を受け入れることはできないのではないかと思います。

あなたが、相手に迷惑をかけないように一生懸命気を使って、自分自身の気持ちややりたいことは我慢してやってきているとしたら、あなたの周りの人が自由に振舞って、あなたに迷惑をかけたら許せますか?

私はきっと許せません。
「なんで、もっと考えられないの?」「相手のこと考えてないの?」「周りに迷惑かけるなんて最悪」
こんな感じで思うでしょう。

まずは、“自分は迷惑をかけてもいい存在”ということを自分に許可することが必要なのです。
そして、迷惑をかける経験や体験が必須なのです。

人は、自分が体験したことしか本当の認知はできません。
認知ができないということは、相手のことも理解できないということです。
自分に優しく出来ない人は相手に優しくできないのと同じです。

まずは、自分は迷惑をかける生き物だと認めてしまいましょう。
迷惑をかけることは悪いことでもなんでもないのです。
人間として生きていたら当たり前のことなのです。

「ごめんね」ではなく「ありがとう」

人間という生き物は、呼吸しているだけでこの世界からしたら迷惑です。
その存在が環境を壊し、この地球を傷つけています。

この世に生まれた時点で、迷惑をかけているのですから少々の人数の人に迷惑をかけようが今更です。
どんな風に生きたって、迷惑は何かしらかけます。
知らない間にお店の店員さんやごみ収集をする人、全然知らない人に迷惑をかけてしまっていることもあるのです。

だから、迷惑をかけることを怖がらずに、相手の顔色や周りの目を気にし過ぎずに、迷惑かけながら自分の生きたい今を生きましょう。

迷惑がかかったときは、迷惑をかけた人に「ごめんね」ではなく「ありがとう」と感謝の気持ちを贈りましょう。
そして、自分も誰かに迷惑をかけられたらなら、「人間だもんね」と許してあげましょう。
誰かに助けられた分を、助けてあげましょう。

お互い、その時はよろしくね💕

人間は迷惑をかけて、かけられて生きているのです。

迷惑を、かけてもいい。
あなたのままでいてくれさえすれば

迷惑を、かけてもいい。
あなたがしたいことをしたのなら

迷惑を、かけてもいい。
あなたが好きなものを“好き”と表現できたなら

迷惑を、かけられてもいい。
私も迷惑かけて育ってきたのだから

迷惑を、かけられてもいい。
私もそうやって、今ここにいるのだから

迷惑を、かけられてもいい。
私もあなたも自分に素直になれているのなら

日本人の謙虚さと相手を気遣う気持ちを忘れずに、迷惑かけるくらい大胆に
あなた自身を生きてください。

私ももしかしたら、あなたにこれから迷惑をおかけするかもしれません。
その時は、よろしくお願いいたします。

もし、あなたが私に迷惑をかけた時も大丈夫です。
私もあなたの迷惑を許し受け止めていきます。

お互い、迷惑な人間を楽しみましょう。

Sumie🌙.*·̩͙✩.*


ショップバナー1

-心の科学
-,